腰痛の治療 整骨院、整体院の情報» Blog Archive腰痛対策 ストレッチ | 腰痛の治療 整骨院、整体院の情報

腰痛治療は、腰痛対策をして腰痛予防をしましょう

腰痛対策 ストレッチ

腰痛を改善したいときは、自宅にいるときも、ふだんどおり、に動くことが重要なのです。腰の痛みに悩む人が多いのですが、腰痛の中には、急性の腰痛と慢性の腰痛とがあって、対処方法が異なります。腰痛が急に発生したときは、腰椎やその周辺の組織が傷ついたり、炎症を引き起こしている可能性があるのです。対処方法としては、冷やすことが基本なのです。慢性的腰痛は、組織の炎症が収まっても、筋肉が硬くなったり、神経が過敏になったりすると、腰痛が発症します。この場合は、腰を温めたり、運動をしたりして、硬くなった筋肉をほぐしましょう。

腰痛の代表ともいえる。ぎっくり腰は、発症後2~3日は、腰を冷やして安静にしましょう。痛みが治まったら温めて、動ける範囲で動くことで早く改善するようです。腰痛があっても家での過ごし方一つで活動的に日々遅れます。腰痛対策として、起きたときにストレッチをしましょう。朝起きたときに腰痛がつらい人がいます。目覚めたときは、腰の血行は悪いし、筋肉は硬くなっています。そのときはストレッチをして、腰の筋肉をほぐしましょう。腰の負担を軽くする生活を送りましょう。

腰痛にとって、日中の家事は良い運動です。腰痛の改善には有効なのです。腰に負担をかける姿勢は避けましょう。荷物を運んだり、持ち上げるときは、腰の負担を減らす工夫をしましょう。夜寝るときは、腰に負担のかからない姿勢で寝る様にしましょう。腰に負担がかかりにくい姿勢で眠れるように枕やクッションを使いましょう。

腰痛の対策方法、背筋を伸ばしストレッチを、腰の左右にある関節や筋肉を動かすストレッチを朝起きるときにしましょう。腰の関節と筋肉を後ろに動かすストレッチを反動をつけずに反らしてみましょう。顔を洗うときは、腰を大きく曲げないようにしましょう。家事をするときは、腰に負担のかからない姿勢で行いましょう。腰の痛みの少ない姿勢で夜は就寝しましょう。仰向けで寝ると、背骨の反りが強くなって腰に負担がかかるようです。