腰痛治療は、腰痛対策をして腰痛予防をしましょう

腰痛 ひざ痛 関節痛対策

腰痛やひざ痛なあどの関節痛対策に大活躍する成分グルコサミンに注目しましょう。今では、関節痛などによる運動障害を今では、国民病と言われています。高齢者社会の進展に伴って、増加の一途をたどっている関節疾患。関節疾患の数は、継続機関に通っている人数で約100万人。通院していなくても関節痛の悩みを抱えている推計患者は、代表的な変形性関節症と骨粗しょう症に限っても約4700万人にもなると言われています。腰やひざの関節の痛みなどの疾患が進むと、だんだん自力での歩行や日常生活が困難になっていきます。

日本臨床整形外科学会では関節などの「運動器の障害により要介護になるリスク高い状態になること」をロコモ、ロコモティブ症候群と呼び、注意を呼びかけています。腰痛、ひざ痛の関節のトラブル解消の切り札として、今注目されてきているのが、グルコサミンなのです。

関節の健康に欠かせない成分、グルコサミンとは、ブドウ糖にアミノ基が結合した糖類の一種です。人の体内では、骨や軟骨、腱、靱帯、ツメ、皮膚、毛髪などに含まれています。関節部分の軟骨内に多く含まれており、栄養成分や水分を取り込む働きをします。グルコサミンは、体内で作られますが、加齢によりその生成量は減少していきます。グルコサミンが減ってくると、関節のクッションの役目をする軟骨がすり減っていきます、そして、関節のトラブルを招く原因にもなります。

肥満の関節に大きな負担をかけます。ひざを例にしますと体重が1キロ増えると、ひざへの負担は歩くときで約3キロ、走る時には、約10キロにもなると言われています。グルコサミンを生成する地亜kらは、シルバー世代は衰えてきますから、肥満がちの方やロコモティブ症候群が気になる方は、普段から意識してグルコサミンを取りたいものです。グルコサミンを多く含まれているエビやカニなど甲羅を毎日の食事の中で摂取するのは難しいのです。サプリメントを活用するスタイルが普及して、グルコサミンの活用が広がっています。

«  腰痛 ひざ痛 関節痛対策  »